結婚祝いの必要知識

結婚祝いを贈る機会は、20代後半になってくると急に訪れます。

人によっては、まだ私は結婚してないのに、人にばっかりお祝いを上げている…と嘆いている方も多いのではないでしょうか。

そういう方も、いつかは結婚される方が殆ど。その際にはみんなからお返しをもらえると思って諦めましょう笑。

結婚式などに出席する際には、結婚祝いとして3万円~のご祝儀を私のが一般的です。

学生さんなどで出費が厳しいと感じる方は、何名かまとめた連名のご祝儀にしましょう。

気を付けなくてはいけないのが、このご祝儀の額を「割り切れない額」にする事。

2万円とか4万円とかでは無く、3万円、5万円と言う様な奇数のお祝いにするのがベストです。

また、結婚式に出席せず、お祝いの品を贈る際にもちょっと注意する事が有ります。

例えばあなたが女性で、男友達が結婚した場合。

そういった際にはネクタイなどを結婚祝いで送るのは絶対にNGです。これは「あなたに首ったけ」という隠れた意味が有り、お嫁さんからあらぬ疑いをかけられてしまう事も。

そういう目に合わない為にも、結婚祝いは奥さんが喜ぶものを贈るのが良いでしょう。

結局は贈り物を喜ぶのは女性です。そういう事を意識して、良い結婚祝いを選んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です