銀閣寺に行く時に知っておきたい情報

銀閣寺は正式名称は慈照寺と言われており、実は銀閣寺と言う名前ではありませんでした。

なぜ銀閣寺と言われる様になったかと言うと、江戸時代に金閣寺と相対的な物としてそういわれ始めた事が由来だそうです。

銀閣寺の見所としては、建築物の精巧さと庭園のキレイさが挙げられます。

アクセスとしては、京阪電車の出町柳駅から市バスで向かう形になります。駐車場も付近に市営の駐車場が有るので車での来訪も可能です。

また、銀閣寺から南禅寺方面に向かう道を「哲学の道」と呼び、そこの風景がとても情緒的と有名です。

銀閣寺に訪れた際には、哲学の道も歩いてみるとまた気持ち的な部分が癒されるかと思います。

参拝時間は夏季と冬季の2種類に分けられており、夏季は8:30~午後17:00、冬季は朝9:00~午後16:30と日の落ちる時刻までが基本的な参拝時間になっています。

この銀閣寺も他の観光スポット同様に、観光シーズンや修学旅行シーズンになると大勢の人でにぎわいます。

なので人混みがちょっとにがてかもと思う方は、こういった時期を避けて冬季などに訪問するのも「おつ」ですよ。

雪が積もった銀閣寺はまた一風変わった庭園風景をもたらせてくれるのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です