結婚祝いの必要知識

結婚祝いを贈る機会は、20代後半になってくると急に訪れます。

人によっては、まだ私は結婚してないのに、人にばっかりお祝いを上げている…と嘆いている方も多いのではないでしょうか。

そういう方も、いつかは結婚される方が殆ど。その際にはみんなからお返しをもらえると思って諦めましょう笑。

結婚式などに出席する際には、結婚祝いとして3万円~のご祝儀を私のが一般的です。

学生さんなどで出費が厳しいと感じる方は、何名かまとめた連名のご祝儀にしましょう。

気を付けなくてはいけないのが、このご祝儀の額を「割り切れない額」にする事。

2万円とか4万円とかでは無く、3万円、5万円と言う様な奇数のお祝いにするのがベストです。

また、結婚式に出席せず、お祝いの品を贈る際にもちょっと注意する事が有ります。

例えばあなたが女性で、男友達が結婚した場合。

そういった際にはネクタイなどを結婚祝いで送るのは絶対にNGです。これは「あなたに首ったけ」という隠れた意味が有り、お嫁さんからあらぬ疑いをかけられてしまう事も。

そういう目に合わない為にも、結婚祝いは奥さんが喜ぶものを贈るのが良いでしょう。

結局は贈り物を喜ぶのは女性です。そういう事を意識して、良い結婚祝いを選んでくださいね。

出産祝いについて

友人や親せき、会社の上司や部下等が出産した時には「出産祝い」を送らなくてはいけません。

何回もそういった経験が有る方は、出産祝いはこれを送ろう!と決めている方も多いですが、初めての方の場合だとそうもいきません。

みなさんどういった物を送ろうかと悩んでしまう事も多いのではないでしょうか。

そんな出産祝いで注意したいのが「人と被っても良い物」を選ぶ事です。

例えばベビー服。これは皆さん言われるのですが、いくら有っても困りません。(私の妻も実際にそう言ってました笑)

ただ、女の子と男の子によってデザインが変わるので、性別を事前に確認するか、ユニセックスなデザインのベビー服を出産祝いとして用意するのが良いでしょう。

また、その他に出産祝いとしてお勧めなのが、「おむつケーキ」と言われるものです。

これは何なのかと言うと、文字通りおむつをケーキ状にまとめた物です。

以前人気になった海外ドラマ「セックスアンドザシティ」等で取り上げられた事も有り、日本でも多くの方が出産祝いとして採用されています。

確かにおむつもいくら有っても困りません。

こういった様に、出産祝いと言うのは相手がいくらあっても困らない物を用意するのがベターです。

一人暮らしについて

一人暮らしをする方が4月になってくると増えてきます。

と言うのも、進学や就職などで生まれ育った家を出る方が増える時期なので、当然と言えば当然ですね。

一人暮らしを行うとなると、色々な事を考えなくてはいけません。

真っ先に浮かぶのが「住むところ」。新しく通う学校や会社から近い所を選ばれる方も少なくありません。

その他にも、憧れの町とかが有ればその周辺で探しますよね。

その際は自分が自由に使えるお金(給料)の中から三分の一程度の家賃を選ぶのが相場と言われています。

住むところが決まったら、次に重要なのは生活をする為の家電です。

今はヤマダ電機などに向かえば、単身パックと言って冷蔵庫や洗濯機、電子レンジ等がセットになった物が格安で販売されています。

そういった物を上手に使って、自分の生活に合った物をそろえる様にしましょう。

その次に用意すべきものとしては、友人かも知れません。これによって、一人暮らしの充実度は大分変ってきます。

学生の方で有れば近所でバイトを始める事で、暇だったり一人暮らしのさみしさを紛らわせる事が出来ます。

また、社会人の方であれば、行きつけのお店などを作る事で大分変ります。理想的なのは恋人を見つける事かも知れませんが…。

それは中々いきなりには難しいですよね笑

こういった事を参考に、一人暮らしを充実させていって下さい。

きっと毎日が楽しくなりますよ。

ボクシングについて

ボクシングは全世界で見るととても競技人口が多く、プロスポーツ選手の数が最も多いスポーツと言われています。

基本的なルールとしては、グローブを付けた拳(ナックルの部分)で殴り合うスポーツです。

蹴る事はもちろん、投げ、金的、かみつきやひじでの攻撃は禁止されています。

プロは1ラウンド3分、アマチュアは1ラウンド2分で構成されています。

プロのラウンド数に関しては、ランクによって変わってきており、基本的には下記のとおり。

4回戦→4ラウンド 6回戦(B級)→6ラウンド 8回戦(B級)8ラウンド
10回戦→(A級)10ラウンド 世界タイトルマッチ→12ラウンド

この様なラウンド数がルールにのっとって規定されています。

昔は15ラウンド等が世界戦に限って適用されていましたが、今は危険と言う理由で禁止されています。

と言うのも、ボクシングは殴り合うスポーツという特質上、死亡事故や後遺症が残りやすいスポーツです。

試合直後に意識を失って亡くなってしまうケースなども数多くあります。

また、その時には大丈夫でも脳にダメージが蓄積されてしまい、「パンチドランカー」という後遺症に悩まされる事も。

モハメド・アリなども、パーキンソン病を往年患っていましたが、このパーキンソン病もパンチドランカーの症状の一つです。

この様に、華やかさの裏には危険な面も隠されたスポーツ、それがボクシングなのです。